記憶術

受験生必見!大学受験専門の記憶術と暗記法で志望校に合格

大学合格を目指して勉強を頑張っている受験生の皆さんは、いつも記憶や暗記をする時にはどのような勉強法を使っているでしょうか。

大学受験の勉強はその大半が暗記になりますが、暗記が苦手な皆さんはそれだけで大学受験に対する不安が高まってしまいますよね。

科目が多いだけではなく、それぞれの科目でも暗記しておくべき事柄が多すぎて頭がパンクしてしまいそうになる事もあるのではないでしょうか。

暗記したいのに上手く覚えられない、しっかり覚えたつもりだったのにすぐに忘れてしまう・・・。こんな悩みを抱えている受験生の皆さんには、記憶術を使ってみる事をおすすめします。

現在、記憶術には様々な方法がありますが、実は大学受験専門の記憶術というものもあるのです。大学受験は通常の試験とは違い、暗記するべき事柄の範囲が幅広く、さらに専門的な深い思考力も必要となるので、通常の試験と同様の暗記法ではすべてを暗記する事は大変難しい事です。

ですが、大学受験の勉強に記憶術を使う事で効率良く勉強を進めていく事が出来るので、暗記するべき事柄もスムーズに覚える事が出来るのです。

では、大学受験専門の記憶術にはどのような方法があるのでしょうか。ここからは大学受験専門に使う事が出来る記憶術について見ていく事にしましょう。

大学受験の勉強は大半が暗記ものとなっているので、とにかく時間がかかってしまいますよね。しかし、時間をかけて覚えたのにすぐに忘れてしまう、時間が足りなくてすべて覚えるまでいかなかった、といったように暗記と時間のせめぎ合いはなかなか無くなるものではありません。

暗記と時間は切っても切れない関係なのですが、ここで記憶術を使う事で暗記に使う時間を一気に短くする事が出来るのです。

例えば英単語の暗記に使う時間が短く出来れば、数学の問題を解く為の時間を多く取る事も出来るようになりますよね。大学受験専門の記憶術を使った暗記時間の短縮は、他の科目を勉強する時間を作る事が出来るので、今までに比べると遥かに受験勉強がしやすくなるのです。

このようなメリットのある大学受験専門の記憶術の特徴は、効率良く且つ深い理解力を持って暗記・記憶する事が出来る点になります。

ただ丸暗記するだけの今までの暗記法ではすぐに忘れてしまうような事柄も、記憶術を使う事で根本から理解して覚えていく事が出来るので、短時間で覚えたにもかかわらず時間が経っても忘れにくい、まさに受験向きの暗記法となっています。

大学受験に出る英単語の記憶術では英単語の語源から意味を探っていく方法が、漢字の記憶術では漢字の意味と成り立ちから覚えていく方法があるなど、根本から理解しながら覚えていく暗記法である点が特徴です。

ぜひ皆さんも大学受験の勉強には、すぐに忘れる事なく物事の根本から理解できる記憶術を使ってみて下さい。効率的な記憶術で志望校合格を目指していきましょう。


『超』記憶術

記憶術の中でももっとも有名でTVにも出まくっているからあなたもすでに知っているかもしませんがこの方の記憶術の方法は本当に最強!ここまで簡単に大量のことが記憶できるなんて誰が想像できたでしょう!

詳細はコチラから

このページの先頭へ