記憶術

苦手な英単語もすぐに覚えられる!英単語の暗記を記憶術で完璧に

試験などの暗記科目の中でも「英単語が覚えられない!」という皆さんはとても多いのではないでしょうか。日本では一般的に中学校から英語の勉強が始められますが、勉強をしていくに連れて覚えなければならない英単語はドンドン増えていきますよね。

さらに英単語の難易度も増していきますから、単語のスペルが分からなくなってしまったり、単語と和訳を一致できなかったり、英単語に対する理解度が段々と低くなっていきます。

こうした事から英単語に対する苦手意識も強くなり、最終的には英単語を覚える事を放棄してしまうのです。

このような事態になってしまうのは、英単語の暗記のしにくさが一番の原因となっていると言えるでしょう。ただでさえ取っ付きにくい英単語である上に、暗記をしなければならないというのはとても酷な事ですよね。

しかし、どんなに難しい英単語も「記憶術」を使う事によって、完璧に覚える事が出来るようになるのです。記憶術とは、何らかの事柄を記憶したり暗記したりする場合により効率良く行う為の技法の事です。

記憶術が関係している科目は英単語だけではなく、歴史や漢字といった暗記が必要な科目もまた、記憶術によって効率的に勉強する事が出来ます。

では、英単語を覚える為の記憶術とは一体どのような技法なのでしょうか。まず記憶術による英単語の覚え方は「丸暗記をしない」が基本になります。

「暗記をしなければ覚えられないのでは?」と疑問が浮かぶかもしれませんが、ただ丸暗記をするだけの覚え方をしてきたからこそ、時間が経つと忘れてしまうのです。

時間が経っても英単語を忘れないようにする為には丸暗記する方法ではなく、英単語自体の意味やその語源を探索しながら覚えていく必要があります。これが英単語を完璧に覚える為の記憶術です。

私たちは英単語を覚える時、単語のスペルや単語の一般的な意味を中心に暗記する勉強をしていますが、この記憶術では英単語自体が持つ意味や語源を探索する事から、英単語を覚えていく暗記方法になります。

もちろんスペルもしっかり覚えなければなりませんが、英単語のスペルと意味だけを丸暗記するのではなく、英単語の語源に注目する事で英単語が出来てきた流れから覚えていく事が出来るのです。

私たちが今まで行ってきた暗記方法では、英単語のスペルと意味を一致させる事が重要視されてきましたが、この英単語の記憶術では英単語の歴史を知っていくように英単語を暗記していく、まさに英単語の深い所まで含めて勉強する事が出来るのです。

そうして英単語を深く知る事によって、単語が持つ意味も分かりますし、「どうしてこのようなスペルなのか?」という疑問までも解決する事が出来ます。

丸暗記した覚え方では到底知る事が出来ない所まで納得しながら覚えられる、英単語の記憶術にはそんな魅力もあるのです。皆さんも是非英単語の語源を探索しながら覚えてみて下さいね。


『超』記憶術

記憶術の中でももっとも有名でTVにも出まくっているからあなたもすでに知っているかもしませんがこの方の記憶術の方法は本当に最強!ここまで簡単に大量のことが記憶できるなんて誰が想像できたでしょう!

詳細はコチラから

このページの先頭へ