記憶術

いろいろな記憶術、自分に合った記憶術の技法を見つけてみよう

近年様々な記憶術が話題になっていますが、余りに沢山の種類がありすぎて、「本当に効果がある記憶術はどれ?」といろいろ悩んでしまう事も多いですよね。

「記憶術」と一言で言っても、その技法は記憶術によって大きく異なっている事が特徴です。記憶したい・暗記したいと思っている対象によって記憶術の技法はそれぞれ違いますし、記憶術を開発した開発者の考え方によっても記憶術には変化があります。

そして記憶術を使う皆さん自身によっても、記憶術の効果というものは変わってくるのです。10人全員が同じ記憶術を使ったからといって、10人全員が同じように記憶術をマスター出来るわけではありません。

皆さんそれぞれに合った記憶術を使う事で、初めて記憶術の効果が期待出来るのです。自分に合わない記憶術を長々と続けても意味はありませんが、自分に合った記憶術であればすぐにでもその技法をマスターする事が出来ます。

いろいろな記憶術が存在している事は、時としてそれが悩みになる事もありますが、自分に合った記憶術を見つける事が出来るきっかけでもありますので、沢山の記憶術がある事に対して慌てる事なく、冷静な目で自分に合った記憶術を見つけていきましょう。

では、沢山ある記憶術の中からどのようにして自分に合った記憶術を見つける事ができるのでしょうか。まずは皆さんが記憶・暗記したい対象によって使うべき記憶術を選別していく事から始めていきます。

学生の皆さんが記憶・暗記する対象には、主に試験勉強や受験勉強に関係する英単語、漢字、歴史の出来事や人物名などがあるかと思いますが、それぞれに対応している記憶術の技法は少しずつ異なっています。

英単語を記憶する為の記憶術で歴史の人物名を記憶する事は出来ませんから、記憶・暗記したい対象に合った記憶術の技法を見つけてみましょう。それから自分に合った記憶術の技法を見つけていくのです。

例えば歴史についての記憶術を見つけたとすると、その中でも様々な技法が存在しています。例え有名な記憶術といっても「自分には覚えにくいかな」と思うものはあるものですから、数多くある記憶術の中から自分が使いこなせそうな記憶術を探し出していきましょう。

歴史についての記憶術としては、一般的な語呂合わせで覚えていく方法から様々な出来事を関連づけて覚えていく方法もありますので、自分が理解しやすく続けていけそうな記憶術の技法を見つけて使ってみましょう。

もし、ある記憶術を使ってみても一向に効果が出ないようであれば、また別の記憶術を試してみるなど、自分に合った記憶術に出会えるまでいろいろな記憶術を試してみるのも良いでしょう。

記憶術にも合う・合わないといった相性がありますから、効果がない記憶術はすぐにやめて違う記憶術を使ってみましょう。いろいろな記憶術を試しながら、皆さんと相性の良い記憶術の技法を探し出してみて下さいね。


『超』記憶術

記憶術の中でももっとも有名でTVにも出まくっているからあなたもすでに知っているかもしませんがこの方の記憶術の方法は本当に最強!ここまで簡単に大量のことが記憶できるなんて誰が想像できたでしょう!

詳細はコチラから

このページの先頭へ