記憶術

本からマスターする記憶術、初心者でも学びやすいおすすめの記憶術本

近年話題となっている記憶術は本からでも学ぶ事が出来ます。以前から記憶術に関する本は出版され、販売されてきましたが、最近になってさらに記憶術が話題になってきている事から、より様々な記憶術本が出版されるようになりました。

ここでは記憶術初心者の皆さんでも学びやすい、おすすめの記憶術本について紹介していく事にしましょう。

まずは記憶術と言えばやはり「英語」という事で、英語に関する記憶術の本から見ていきましょう。日本人にとって英語は馴染みがあまりないものですから、発音や英単語のスペルなど非常に覚えにくいところがありますよね。

ですが、記憶術を使う事で覚えにくい英語も簡単にマスターする事が出来てしまうのです。英語で特に記憶術が使われるのは、英単語の暗記や文法になります。

英語の文法は日本語の文法とは大きく違ったものなので、文法が覚えられなくなって英語が苦手になったという皆さんも沢山いらっしゃる事かと思います。

また、英単語もスペルが暗記出来なかったり、和訳が暗記出来なかったりと、まさに暗記の悩みがつきないのが英語ですよね。でも記憶術がこの悩みを一気に解決してくれます。文法や英単語の暗記に悩んでいる皆さんは、ぜひ英語の記憶術本を読んでみて下さい。

文法の分かりやすい覚え方、語源から英単語を覚える方法、記憶術を使った英単語帳など、英語一つを取っても様々な記憶術がありますので、自分が特に苦手だと思っているものを中心に、記憶術本を使って英語を勉強していきましょう。

以上に紹介したのは英語専門の記憶術本になりますが、英語以外の科目の暗記に使える記憶術、資格試験の暗記にも使う事が出来る記憶術も本で学ぶ事も出来ます。

暗記というと普通はその言葉や事柄を表面的に覚える事がほとんどですが、記憶術を使うと表面的な暗記ではなく、言葉や事柄を関連づけて暗記していく事も出来ますし、言葉や事柄の深い部分まで理解しながら暗記していく事が出来るので、非常に忘れにくくなる暗記になる事が特徴です。

但し、丸暗記はただ覚えれば良いだけなのですぐにでも出来ますが、記憶術を使った暗記は実際に学んでいく事が必要となりますので、まさに勉強を効率良く行う為の「術」を習得するものとなっています。

その為、記憶術によっては皆さんに合わないものもあるかと思います。いくら本で記憶術を勉強しても、その本に書いてある記憶術を自分のものにする事が出来ないという場合は、その記憶術とは相性が良くなかったという事で、他の記憶術を学ぶ事をおすすめします。自分に合わない記憶術本を読み続けているよりも、また新たな記憶術本に出会う楽しみを考えましょう。

このように記憶術は本で学ぶ事が出来ますが、自分に合わない場合はすぐに違う記憶術本に移る、という潔さも重要となります。いろいろなタイプの記憶術本を読んで、自分に合った記憶術を見つけてみて下さいね。


『超』記憶術

記憶術の中でももっとも有名でTVにも出まくっているからあなたもすでに知っているかもしませんがこの方の記憶術の方法は本当に最強!ここまで簡単に大量のことが記憶できるなんて誰が想像できたでしょう!

詳細はコチラから

このページの先頭へ