記憶術

今すぐ始められる記憶術「瞬間記憶術」を完璧にマスターするコツとは

様々な技法によって編み出される記憶術の一つに「瞬間記憶術」があります。瞬間記憶術とは、瞬間的に記憶する対象を覚える事が出来るもので、右脳を使った記憶術になります。

右脳は感覚的なものを司る機能を果たしていますから、感覚的に様々な事柄を覚える事が出来るものが瞬間記憶術と呼ばれている記憶術になります。

何か事柄を覚えるというと、どうしても思考を働きかける左脳によるものと思われがちですが、実は右脳を使って記憶する事も可能なのです。

では、瞬間記憶術が行われている右脳では一体どのような事が起きているのでしょうか。右脳は感覚的に事柄を捉える働きをしているので、様々な事柄をイメージとして記憶する事が出来ます。

例えばある絵を見た時、私たちはその絵をイメージとして記憶しますよね。どこに何が描いてあったか、どんな色で描かれていたか、どんな描き方で描かれていたか、といったイメージを右脳で記憶します。

こうして見ると、イメージを記憶する方法は絵以外には使えないように感じますが、実はこの方法を絵以外の記憶にも使う事が出来ます。それが瞬間記憶術です。

例として絵を挙げたのは、瞬間記憶術では記憶する事柄を「絵」として捉える事がコツとなるからです。

例えば「スピード暗算」というものがありますが、これは瞬間的に画面に現われる数字を絵として捉える事で、素早く暗算をしていくという瞬間記憶術です。

スピード暗算が出来る人を見ていると、「どうしてあんなに早く計算ができるの?」と不思議に思うかもしれませんが、これは数字を絵として記憶する事で計算しているからなのです。

なので、3桁や4桁といった大きな数字でも、「数字が3つ(または4つ)並んでいる絵」として捉える事が出来るため、冷静に計算をして答えを出せるというわけです。

もちろんこの瞬間記憶術は、数字以外でも応用する事が出来ます。数字以外に記憶出来る事柄としては、絵や図に近い「漢字」が分かりやすいかと思います。

漢字は成り立ちから覚える方法もあるように、元は字の意味を表す絵から出来上がったものです。なので、漢字を覚えたい場合にも瞬間記憶術は向いているのです。

ここでは「葉」という字を例に取って見てみましょう。「葉」という字を分解してみると「草かんむり」と「世」と「木」で構成されている事が分かりますね。

この「葉」を瞬間記憶術で記憶する時には、こうして分解された3つの構成要素を絵と捉えて覚える事がコツになります。漢字を瞬間記憶術で覚えるためには、漢字を構成しているいくつかの要素を絵と認識する事が重要なのです。

このように、瞬間記憶術は数字や漢字などを絵だとイメージする事によって、沢山の事柄を記憶出来るようになります。イメージするだけで記憶が出来ますから、今すぐに始める事が可能です。

特に右脳の働きが強い皆さんにはおすすめな記憶術ですので、目的に合わせて試してみて下さい。


『超』記憶術

記憶術の中でももっとも有名でTVにも出まくっているからあなたもすでに知っているかもしませんがこの方の記憶術の方法は本当に最強!ここまで簡単に大量のことが記憶できるなんて誰が想像できたでしょう!

詳細はコチラから

このページの先頭へ